増加の一途を辿る糖尿病|自分に厳しくなろう

困る
このエントリーをはてなブックマークに追加

不眠と肥満の関係とは

カウンセリング

寝ている間に呼吸が止まる

ひと口に不眠と言っても、その原因にはさまざまなものがあります。騒音や振動などの環境的な要因が関係していることもあれば、心理的なケースも考えられます。その他、何らかの病気の前駆症状である場合もあります。また、肥満が不眠に関係することもあります。睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる症状がそれです。睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に呼吸が一時的に止まったり、弱くなったりすることをいいます。眠りが浅くなったり、息苦しさで夜中に目が覚めたりする原因となり、起きてからも頭痛に悩まされたり、常に寝足りない感じにおそわれたりします。睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因のうち、最も多いのが肥満です。のどの周りに皮下脂肪がつくことによって気道が狭くなってしまうのです。太り過ぎと不眠の両方が気になるという人は、家族などの協力を得て就寝中の呼吸の様子を観察してもらうと状況がわかります。

自覚があれば医師の診断を

10秒以上呼吸のない状態がひと晩に30回以上起きる場合、もしくは1時間に5回以上起きる場合は、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。日中の自覚症状や家族等の観察から発症が疑われる場合は、専門医の受診が推奨されます。医療機関では、睡眠時無呼吸症候群であるかどうかをチェックする検査を実施しています。簡易なものとしては、身体にセンサーを装着して自宅で就寝するという検査があります。また、ひと晩入院して行う本格的な検査もあります。検査の結果睡眠時無呼吸症候群であると診断された場合は、CPAPと呼ばれる治療が第一選択となります。これは、鼻にマスクを装着して空気を送り込み、気道を広げるという治療法です。扁桃腺肥大などが原因となっている場合は、外科手術が選択されることもあります。