増加の一途を辿る糖尿病|自分に厳しくなろう

困る
このエントリーをはてなブックマークに追加

体への負担が少ない治療

女性

放射線治療の概要

放射線治療は外科療法・化学療法と並んで三大がん治療の一角を担っています。がん治療用に調整した放射線を腫瘍に照射する事によって、細胞そのものに障害を引き起こします。障害が起きた細胞は分裂しなくなり、縮小あるいは消滅します。放射線治療の利点は外科療法・化学療法と比較して身体的負担が少ない事です。身体にメスを入れる外科療法よりも汎用性が高く、高齢の罹患者などにも使用できます。但し、どうしても副作用は出ます。照射範囲をコントロールする事で、正常な細胞や臓器の影響を極力与えないように努めますが、放射線による副作用を完全に防ぐ事はせきません。一日あたりの放射線量やスケジュールを調整する事によって負担を最大限軽くする工夫を行っています。

コンピュータ制御の照射

サイバーナイフは世界初のロボットによる放射線治療装置です。多方向から放射線を照射できるロボットアームを使用して、より正確な放射線治療が行えます。ロボットアームはコンピュータで制御を行い、マーカーを付けた腫瘍を寸分の狂いなく狙い打ちます。サイバーナイフは腫瘍の位置調整をリアルタイムで修正するので、他の細胞や臓器を傷付ける事は大幅に減りました。サイバーナイフは様々な腫瘍の大きさに対応しており、また身体的負担の少なさなどの利点は従来の放射線治療そのままです。治療部位で最も多いのは頭蓋で、次いで脊髄、頭頸部、肺と続きます。サイバーナイフは保険適用可能な治療法なので、金銭的にもそれほど負担になりません。